公益財団法人 国際口腔医療財団
TOP
 
ごあいさつ
 

代表理事 瀬戸ケ一(せと かんいち)
http://www.seto-k.net/

代表理事 瀬戸ケ一2010年4月1日付けをもちまして、公益財団法人国際口腔医療財団が内閣総理大臣からの認定を得て発足いたしました。

 本公益財団法人は、サイエンス、スキルともに優れ、社会に貢献する若い口腔科学者と医療者を国際的に育成することを第一の目標としております。歯科医学が日本に定着して100年を経るうちにいつの間にか方向性を失い、閉塞状態に苦しんでいる今こそ目がキラキラ輝く創造的な若者の育成が喫緊の課題と言えましょう。本財団はわが国の口腔の専門家を切磋琢磨し、世界水準を越える研鑽を積み、国民の期待に応えられ得る次世代の指導者を積極的に生み出すことを具体的な使命としております。

 アジア各地域における口腔医療の専門家は依然として不足あるいは偏在しており、欧米の学術水準に到達するには時間を要することは明白で、日本、中国、韓国、台湾など東アジア諸国がこれを先導する役割を担わなければなりません。

 例えばアジアの広範な地域における口腔がん多発は世界が注目するところであり、口腔がん専門家の継続的協力が望まれています。檳榔噛み習慣が原因と言われていますが、本財団の前身NPO法人「アジア対口腔がん協会(AFOC)」はむしろタバコ噛み、喫煙が口腔がんを誘発する要因の方が大きいと睨んで追求しております。これが脱タバコを促す社会活動に結びつき、さらには粒子線治療と手術などの組み合わせで人間に備わる高度口腔機能を温存しつつ治癒率をたかめる口腔がん治療コンセプトの開発に向けて飛翔します。このような努力が人材育成を促進し、やがて医療と歯科医療の間を埋める口腔医療が確立して輝き始めることを願っております。

 皆さまの熱いご理解と連携をお願いいたします。

    日本学術会議がやって来る!-2013年5月new
市民公開シンポジウム「タバコをやめれば笑顔が戻る」
日時:2013年5月26日(日)13:00〜15:00
場所:ホテルハマツ(福島県郡山市)
    日本学術会議がやって来る!-2012年11月new
市民公開シンポジウム「タバコをやめれば笑顔が戻る」
日時:2012年11月24日(土)14:30〜16:30
場所:国立京都国際会館
    国際インプラント手帳公式ホームページ公開しました。new
http://www.mfimp.com/
    「国際医療パースペクティブ」第3回例会-2012年9月
日時:2012年9月15日(土)17:30〜
場所:Luz大森4階 入新井集会室
    「国際医療パースペクティブ」第2回例会-2012年2月
「クインテッセンス出版(株)」がレポート! 
 →記事を読む
日時:2012年2月10日(金)17:30〜
場所:ノーベル・バイオケア・ジャパン研修室(東京 品川)
演題:『上海第9人民病院における口腔がん治療と再建』 張 陳平 教授
討論:『日中口腔外科提携の必要性と可能性』
    「国際医療パースペクティブ」第1回例会-2011年7月
「クインテッセンス出版(株)」がレポート! 
 →記事を読む
日時:2011年7月7日17:00〜21:30
場所:Luz大森4F(JR大森駅徒歩1分)
演題:『IMPとホスピタルシェア』 公益財団法人国際口腔医療財団理事長 瀬戸ケ一
    『放射線風評被害と医療について』 財団法人脳神経疾患研究所理事長 渡邉一夫
    瀬戸代表理事ベルン大学(スイス)で講演-2010年9月
日時:2010年9月13日
演題: ”Proton beam radiotherapy and Reverse Superselective Intraarterial Chemoradiotherapy”
    瀬戸代表理事が歯科医師対象の特別講演を行いました。
「第2回 歯科禁煙セミナー  〜 インプラントと歯を守る禁煙治療 〜」
日時:平成22年8月22日(日) 13:00〜16:00
会場:山崎製パン企業年金基金会館 A会議室
  千葉県市川市市川1-3-14 電話047-321-3600
JR総武線 市川駅下車 徒歩2分

セミナー内容
はじめに  増収につながる歯科禁煙治療について
症例報告1 禁煙治療・導入のきっかけとなった症例
症例報告2 チャンピックスを用いた禁煙治療の指導体験
実習    歯科における禁煙治療の実際
特別講演  インプラントと禁煙治療

    サイエンスカフェ-2010年5月
飲み物を飲みながら、科学者と参加者がテーマについて気楽に語り合う「情報ひろばーサイエンスカフェ」で、瀬戸代表理事がお話をしました。
    アジア・欧米から歯科医師・医師の育成のための募集開始
    「国際口腔医療財団」が公益財団法人として認定されました。
 
    志高い歯科医師、医師の育成事業
    高度口腔医療の技術移転事業
    学術講演会等の開催事業(禁煙活動)